めっちゃ気になる!脱毛の痛みと緩和する方法

めっちゃ気になる!脱毛の痛みと緩和する方法

人間中身が大事だと言われていますが、やはり見た目も大事。今では女性だけではなく、多くの男性が脱毛サロンへ通っています。

「自分も脱毛をして見た目を良くしたい」、そんな風に思われる方がいると思いますが、ここで1つ気になることが・・。それは脱毛をするときに伴う痛みに関して。ここでは、脱毛の痛みと、痛みを緩和する方法についてサラっと紹介します。

脱毛方法別に「痛み」を紹介!

やはりどれだけ「痛くありませんように」と願っても、脱毛時に痛みはついてくるもの。また痛みは、脱毛方法や痛みに強い人・弱い人といった個人差によっても変わってきます。下記で、脱毛方法で痛みが少ないと言われている順番に紹介。

▷それほど痛くない:光(フラッシュ)脱毛

フラッシュ脱毛は一般的にも痛みを感じない、痛いと感じても輪ゴムで軽くパチンと弾かれた程度だと言われています。

▷まぁまぁ痛い:医療レーザー脱毛

針でチクッと刺したような痛み、数十本の輪ゴムで勢いよく弾かれた感じの痛みと言われています。フラッシュ脱毛と比べると痛みはありますが、我慢できないほどではありません。

▷痛い:ニードル脱毛

力強くつねられたときのような痛み、電気が流れているような刺激。一般的に言われている脱毛時の痛みについて、方法別に順位をつけ紹介しました。どうしても「痛いのはムリ」「不安」といった方には、麻酔ジェルを塗布してからの処置も可能。カウンセリングの際、麻酔が必要かどうかをはなしましょう話しましょう。

脱毛部位によっても、痛みは変わってくる

先ほどは、脱毛の方法によって痛みが変わってくると紹介してきました。ここでもう1つ。実は脱毛部位によっても痛みは変わってくるのです。カラダの中でもとくに痛みを感じないと言われているのが、太腿や腹部。なぜ痛みを感じないかと言うと、皮下脂肪が関係しているから。皮下脂肪が多い部分では、脂肪が緩衝材の働きをすることにより痛みを吸収すると言われています。

このようなことから考えると、鼻の下・足首・膝などは皮下脂肪がとても少ないため、痛みを感じやすいと言えるでしょうそうです。脱毛部位によって痛みが異なることを把握しておきましょう。

痛みを緩和する方法

ではどのようにすれば、痛みを緩和することができるのでしょうか?麻酔ジェルを塗布してから施術を行うのは前述でもわかりました。それ以外に自分でできる対策として、下記にまとめます。

▷保湿をしっかりとしておく

肌が乾燥していると痛みを感じやすくなります。脱毛をするまでに、化粧水や保湿クリームを塗るなど、しっかりと保湿しておきましょう。

▷しっかり睡眠をとる

施術前にはしっかりと睡眠をとることが大切。睡眠不足など体調が良くないと、痛みを伴いやすくなります。できれば6~8時間しっかりと睡眠をとることをオススメします。

▷カフェインは摂らない

カフェインは神経を敏感にする作用があります。そのため施術の当日は、コーヒーなどカフェインを摂らないようにしておきましょう。

▷脱毛日の前後はアルコールを避ける

アルコールをとると、普段より水分が蒸発した状態となり肌が乾燥します。また体温が上昇するため、たとえ少しの刺激であったとしても大きなダメージとなるのです。そのため、脱毛を行ったときにも熱に過剰反応を起こし炎症をしたり痛みを伴います。施術前後のアルコール摂取は絶対に控えてくださいね。

まとめ

脱毛の痛みと、緩和する方法についてはご理解いただけましたか?とくに脱毛経験がこれまでにない人は、イメージが沸きづらいため、「耐えられないほど痛いのでは?」と不安になってしまいますよね。

不安を解消する1つの段として、サロンやクリニックで1度カウンセリングを受けてみるといったこともオススメします。どのような方法で、痛みはどのような感じか、実際に脱毛をしている人は痛みに関してどう言っているかを聞くことにより、安心できることでしょう。ここでの内容を参考に、キレイを目指してください。

行ってGo! Men's エステ事務局

メンズエステのお店選びに関する内容など、こちらでしっかりとおさえておきましょう。